さあ、Rubyを学習しよう

将来のrubyエンジニアを育てる仕事

情報技術の分野では、開発スキルを活かした仕事ができます。直接開発に携わり、人の役に立つサービスなどの開発に携われます。ただし、開発現場に身を置く事だけが、技術者の働き方ではありません。これからエンジニアを目指すような、新人たちを育てるという働き方もあるのです。

Rubyエンジニアの需要の増加と共に、このスクリプト言語を使いこなせる人材が求められています。情報技術者を育成するスクールでも、Rubyによる開発手法について指導するコースがあり、そのような教育機関で将来の開発を担う大事な人材が育てられています。
そのためそのようなスクールで働くと、現場での開発経験を活かし、実力を持った人材の育成に貢献できるでしょう。

人材を育てるスクールとしても、rubyによる開発経験が確かな講師が求められています。特に、人に教えるのが得意という人には、講師の仕事が向いています。人への指導が得意かどうかは、スキルの他に素質も関連します。難しい技術を理解しやすいよう指導できるエンジニアこそが、情報技術の教育分野では必要とされているのです。
そこで、これまでに開発技術者として仕事をこなしてきた経験が、今度は教育者として再び知識と経験を活かす事ができるでしょう。
スクールでの指導を経て成長した生徒たちが、開発技術者として活躍できるようになるのは、教育者のやりがいが感じられる瞬間です。講師は直接的に技術開発には関わる事はありませんが、それでも情報技術の人材育成という役割は大きいのです。

No comments yet Be the first to comment